佐々木俊輔

執行役員佐々木俊輔

Do my best! 何を求められているのかを意識する

私がヨコソーに入社する際に決め手としたのは、ずばり「人」ですね。役員面接や先輩社員との交流を通じてアットホームで居心地の良さを感じたことが一番の理由です。これは今でも変わっていません。入社時には将来のことまで具体的に考えることは出来ていませんでしたが、入社後は自分の関わる人全員に評価してもらう、認めてもらうということを強く意識して仕事をしてきました。座右の銘は「Do my best!」です。ベストを尽くすことはただやみくもに一生懸命やることではなく、自分の置かれている状況において最善の手段・対応・努力をすることです。そのためには常に自分は何を求められているかを意識することが非常に大切です。仕事だけでなく、プライベートでも自分や仲間が楽しむためのベストを尽くすということに妥協はしません。

現在は執行役員として、営業と工事の統括責任者という立場を担っています。工事を受注する営業活動時のフォローアップや工事中の運営状況の管理を行うことが主な業務内容ですね。多くのメンバーとコミュニケーションを取り、仕事に対するモチベーションを向上してもらうことも重要な職務の一つです。同時に営業の実務にも携わることでエンドユーザーや監理者と直接関わりを持ち、現場の生の声にも耳を傾けています。ヨコソーの業務上、社員だけではなく多くの協力会社の皆さんのサポートあっての仕事となりますので、関係者全員が働き甲斐を感じ100%のパフォーマンスを発揮できる職場環境を整備していきたいと思っています。

佐々木俊輔

まるで異なるニーズへの観点。ニーズをどれだけ感じられるか、そしてどれだけ実現できるか。

私の就活時代を振り返ると、親族が内装業を営んでいることもあり建築学科を出て住宅設計の仕事をしたいと考えていました(自分の家を設計することが夢でした!)。大学も建築学科を受けたのですが、最終的には土木工学科に進学しました。理由は分野を広げることで建築物・建造物のことをより多く学べると考えたからです。もちろん専攻したのは構造力学です。実際の就職活動ではやはり建築設計の仕事をしてみたいとの想いからハウスメーカーやテナント設計企業に足を運んでいましたが、そんな時にテナント設計の企業を調べている中で「リニューアル」という分野に将来性を感じ、リノベーションやリフォームに興味を持ったことがきっかけでリフォーム関係の企業を探すことにしました。
そこで出会ったのが「ヨコソー」です。

最初は室内のリフォーム・リノベーションばかりを意識していたのですが、マンションの改修工事というスケールの大きい仕事に興味を惹かれてヨコソーの選考を受けようと決意しました。また、そのタイミングで施工管理職という大きな工事の現場監督という仕事にも興味を持ちましたね。新築工事とは違い、既に多くの人が生活している中で、その生活に寄り添って工事を行うことに多くのやりがいが潜んでいるのではないかと思ったのです。実際に築10年目のマンションと30年目のマンションでは居住者の年齢層や生活スタイルの違いがあるため、エンドユーザーのニーズ自体の観点がまるで異なります。それらのニーズをどれだけ感じ取れるか、いかに実現できるかが非常にやりがいとして感じられる部分の一つですね。

若い力に大きな期待。だからこそ、きちんと寄り添っていく。

今回のインタビューを通して、ヨコソーでは「優しさ」とは甘やかすということではなく、時にはあえて手を差し伸べずにじっと立ち上がるのを待ってくれる「優しさ」という意味を含んでいるのだと改めて思いました。
ヨコソーの仕事は本当に大変です。苦しい事、辛い事、自分だけでは解決できなもどかしさなど、たくさんの壁にぶち当たります。でも、その壁を乗り越えていくために社員同士が助け合って、手を取り合って進めてくれる会社だと思っています。それだけに工事が完成した時の喜びは言葉では言い表せないものがあります。そして、居住者の皆さんの満足そうな顔を見ると、素直に頑張って良かったと思えます。

若い力にはものすごく期待をしています。一日でも早く戦力になって活躍していただきたいというのが本音です。ただし、期待する側と期待される側の意思の統一やコミュニケーションが取れていないとバランスが崩れてしまい、うまくいかなくなります。経験が浅い時はどうしてもバランスを崩してしまいがちですが、ほんの少し目線を変えるだけで視野が広がるのにな、と思うことが多々あります。そのきっかけは皆さんの中にあるのに自分一人で気付いて見つけることは非常に難しいことです。だからこそ、そのことを分かっていて気付かせてあげることのできる人たちがきちんと寄り添っていかなければならないと思うようになりました。

就職活動は、企業側も人材を選び学生の皆さんも企業を選ぶ。相互の想いがマッチングしてこそwin-winの関係を築くことができます。業務内容も当然ですが、自分の目で見て感じた印象というものを大事にするべきだと思います。就職先は最終的には自分で判断するものです。面接や会社訪問を通じて、職場の雰囲気や社員の態度を見て決断して欲しいですね。
個人的には仕事以外ではこれが好きだ!と自信を持って言える趣味を持っている人は期待していますね。どんな仕事でもきちんと息抜きできる術は必要だと思っていますので。このような方がいらっしゃいましたらまずは一度ヨコソーの選考に来てください。お待ちしております。

もどる
ヨコソー公式アカウント
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!
  • 0120-34-5191
  • (平日9:00-17:00
お問い合わせはこちら