修繕NEWS by reformation

社員インタビュー

工事期間をお住まいの皆様に安心してお過ごしいただくために心がけていること|社員インタビューVol.08

2021.06.18
経験の有無に問わず、長期的なスパンで行うためお住まいの皆様にとって不安な点や分からないことが多いマンションの大規模修繕工事。新築工事と異なり、皆様が生活する中で工事を行う大規模修繕工事では、工事期間も安心してお過ごしいただくために、さまざまな配慮や工夫で工事期間中の不安を取り除くことが求められています。

大規模修繕工事を進めていく中で、現場代理人はどのような配慮や工夫をしているのでしょうか。社員インタビューVol.08は現場代理人歴12年の東京工事部主任/阿部 和治にインタビューしました。

 

Q:お住まいの皆様に安心してお過ごしいただくために阿部さんが心がけていることを教えてください。


工事期間中の生活環境では特に「塗料のにおい」と「騒音」に関して不安に感じる方も多いと思います。この2つはお客様の生活に直接影響があることですので、特に配慮するようにしています。

例えば、においに関してはにおいが少ない材料を使用していても、どうしてもにおいは発生してしまいます。そのため事前に必ず専用チラシで日程をお知らせしたり、工事用掲示板にも翌日の作業内容と一緒ににおいの発生する作業かどうかを周知するようにしています。においがすることが事前に分かっているだけでも不安感の減少につながりますし、その日は外出する予定を入れるなどお客様としても事前に対策しやすくなり安心感が増しますよね。においに敏感で体調不良を起こしてしまう方もいらっしゃいますので、そういった場合はお客様と相談して対応方法を検討・実施しています。

騒音も補修や足場架設のために電動工具を使ってコンクリートを削る作業があるため避けることはできない問題です。においの有無と同様、事前に専用チラシで騒音作業の日程をお知らせし、工事用掲示板でも工事内容ごとに騒音の有無を周知しています。騒音を無くす対処は難しいのですが、騒音が発生する作業は通常の作業開始時間(朝8:30)より遅らせて、朝9:00からのスタートとするなど、なるべくお住まいの皆様が朝のお出かけ前の時間帯に騒音環境とならないようできる限り配慮しています。

 

Q:工事情報の確認方法について、分かりやすく周知するために工夫していることがあれば教えてください。


まず弊社の取組みとしまして、「工事用掲示板」として皆様が出入りの際確認しやすいマンションのエントランス等にホワイトボードを設置して、作業前日の夕方ごろに翌日の作業内容や洗濯物干し(ベランダが利用できるかどうか)の情報をお知らせしたり、2週間分の工程表などを掲示しています。また専用ホームページで必要な情報が見られる「Web掲示板」への掲載や、最近運用を開始しました「LINE掲示板」で明日の工事情報がプッシュ通知されるシステムなどもあり、わざわざエントランス等の工事用掲示場を見に行かなくてもお持ちのスマートフォンやパソコンからでも工事情報の確認が可能です。

 
Web掲示板の例             LINE掲示板の例

 

私自身の取組みとしましては、こちらの内容を例えばエレベーターの中にも掲示したり、お住まいの皆様が目につきやすいところにも多く掲示するなどの工夫をしています。大規模修繕工事は生活環境内での工事ですので、お住まいの方にもご協力いただくことが安全安心とスムーズに工事を進めるためのポイントとなります。そのため必要な情報にアクセスしやすくするのは工事を円滑に進めるうえで重視しています。


エレベーター内の工事情報の掲示例

 

Q:最近は新型コロナウイルスの感染防止対策が求められていますが、現場での対策内容を教えて下さい。


工事関係者は全員、出勤前と作業前の2回体温を計測・記録しており、万が一体温が37.5℃以上の作業員がいた場合は出勤させないといった対策をしています。また、マンション内においては、エレベーターに自動噴霧のアルコール消毒液を設置、1日2回ドアノブや手摺等の消毒などの接触感染対策を行っております。その他、密の回避や手洗いうがいの実施、マスク着用など基本的なことも含めて現場でできることを実施しています。


アルコール消毒液の設置例

 

Q:最後に、現場代理人として大切にしていることを教えてください。


私が現場代理人として大切にしていることは、「人との接し方」です。マンションにお住まいの皆様はもちろんですが、作業員との接し方にも気を付けています。現場監督というと偉そうなイメージがあると思いますが、工事を無事に完了させたい、成功させたいという同じ想いを持ったチームのメンバーとして仕事をすることが大切だと考えています。作業員とのコミュニケーションも活発にすることで、作業の品質を上げることにもつながりますし、より良い品質の工事がお客様にご提供できるという好循環が生まれると考えています。そういったことを大切にして日々現場管理を行っています。



 

まとめ


社員インタビューの第8回は東京工事部主任/阿部 和治へのインタビューでした。マンションの大規模修繕工事はお住まいの皆様にとって初めてのことが多く、不安な点や分からないことばかりではないでしょうか。お住まいの皆様に安心して工事期間をお過ごしいただくために、工事を担当する現場代理人をはじめ弊社としてもさまざまな取組みを行っています。

工事期間中のご不明点や分からないことは気兼ねなく現場代理人にご相談いただき、より良い工事となるように今後も取組みを広げてまいります。

 

株式会社ヨコソーでは、大規模修繕工事に関するご不明点をできる限り解消し、より多くのマンションの資産価値維持をサポートしていくため、今後も管理組合様にとって有益な情報を発信してまいります。大規模修繕工事や建物の劣化診断等に関するご相談もいつでも受け付けております。



 

関連記事

管理組合様への細かな「報・連・相」でマンションの資産価値を守る|社員インタビューVol.07

初めて大規模修繕工事を検討されるオーナー様に押さえていただきたいポイント<前編>|社員インタビューVol.06

早めの建物調査診断で将来を見据えた修繕計画を|社員インタビューVol.05

建物調査診断で大規模修繕工事が必要か判断できるサポートを|社員インタビューVol.04

イメージ通りの大規模修繕工事ができるようなサポートを|社員インタビューVol.03

大切なのは建物調査診断で劣化を知ること|社員インタビューVol.02

建物劣化の再発防止には根本原因の解決を|社員インタビューVol.01
もどる
ヨコソー公式アカウント
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!
  • 0800-888-6191
  • 平日(土日祝を除く)9:00-17:00
お問い合わせはこちら