修繕NEWS by reformation

大規模修繕

大規模修繕工事で外壁洗浄工事を行う理由とは?実施目的と注意点を解説

2020.05.12
大規模修繕工事を経験されたことのない方でも、マンションの周囲に架設された足場の近くで雨も降っていないのに傘を持って雨合羽を着た警備員が交通誘導をしているのを見かけたことはありませんか。あれは公道に面した外壁を高圧洗浄機で洗浄しているため、付近を通行する人に洗浄水がかからないように警備員が誘導しているのです。

マンション共用部の補修を行う大規模修繕工事の中でも、外壁洗浄工事は補修作業とは異なり機械や薬剤で施工箇所を洗う工事となります。補修作業とは直接関係のなさそうにも思える外壁洗浄工事ですが、大規模修繕工事では補修箇所をきれいに施工するために重要な役割を果たしているのです。大規模修繕工事で行う外壁洗浄工事の目的とマンションで実施した場合の注意点についてご紹介します。

外壁洗浄工事の目的




外壁洗浄工事はその名の通り洗浄用の機械や薬剤を使い、外壁の汚れを落とす工事です。長年にわたって常に雨や日光にさらされている外壁は、砂埃や雨水で汚れが付着しています。さらに下地補修工事と呼ばれるコンクリート部分やタイルの補修工事では、劣化している箇所のコンクリートやタイルを一度きれいにはがしてからシーリングやモルタルで補修するため、はがす際に粉塵が舞い周囲の壁面に付着してしまうためその汚れを落とす必要があるのです。また、場所によっては湿気によってカビが生えていたり、背面が山になっているマンションでは苔が生えているという場合もあります。いずれも、外壁の洗浄をおこなうには建物の周囲に足場を架ける大規模修繕工事中でしか洗浄することが難しいため、十数年分の汚れを落とすために外壁洗浄工事を行う必要があるのです。

塗装で補修をする場合に関しては後から新しい塗料を塗るため洗浄しなくても結果的にきれいになるのではと思われがちですが、汚れが付着したまま塗装作業を行うと、塗料が下地に馴染まずはがれたり、膨れたりするといった施工不良が起きやすくなります。廊下やバルコニー内のウレタン防水工事についても同じく、汚れを落としてから防水材を塗らないと施工不良が起きてしまうことも。そのため、仕上がりがきれいな施工にするためにも外壁洗浄工事は欠かせないのです。

砂埃や雨の汚れのほかにも、海が近い地域では潮風によって外壁に塩分が付着するため、これを落とすことも必要です。常に潮風にさらされている外壁は砂埃等と違い、一度洗浄しても数日経つと塩分が外壁に付着してきてしまいます。そのため、海沿いの地域では一度洗浄した後は数日以内にすぐ塗装作業が行われ、付着した塩分による施工不良が起きないよう対策されます。

洗浄工事の種類

外壁には主にタイルと塗装の2種類がありますが、洗浄工事にも主に2種類の洗浄方法があるのをご存じでしょうか。高圧水洗浄と呼ばれる洗浄は、高圧洗浄車という専用の車からホースを伸ばして洗浄を行います。高圧洗浄車の中には高圧ポンプと水のタンクが搭載されており、この高圧ポンプでタンク内の水を押し出すことで、通常の高圧洗浄機以上の水圧で洗浄することができます。

洗浄工事と聞いて主に想像されるのはこちらの高圧水洗浄ではないでしょうか。塗装の洗浄はこの高圧水洗浄の工程で終わりになりますが、外壁がタイルの場合はさらに薬剤による洗浄工事を行います。塗装は施工範囲すべてを塗装しなおすのがほとんどであることに対し、タイルについては全部を張り替えるケースはほとんどありません。タイルについては下地調査で打診し、浮いていたり欠けているタイルのみを張りなおすことで補修を行うケースが大半です。そのため、高圧水洗浄で汚れが落ち切っていない場所やタイルを張り替えた際に付着したモルタルなどを落とすために薬剤を使った洗浄を行うのです。このように洗浄工事でも外壁の種類によって洗浄方法を変えることで、よりきれいな仕上がりとなります。

外壁洗浄工事中の注意点とご協力いただく必要のある事




外壁洗浄工事中は家庭用の高圧洗浄機以上の水圧で、外壁や廊下、バルコニー内を洗浄するため洗浄工事の期間中は気を付けなければならないことや居住者の皆さまにはご協力をお願いしたいことがあります。

窓際にタオルを詰めて漏水対策



外壁洗浄工事では外壁だけではなく、バルコニーの内側にある塗装部分やタイル部分など修繕工事をするところはすべて高圧洗浄工事の施工範囲内です。自宅バルコニーの洗浄工事が行われる日はバルコニーに出ないように事前にお知らせが行われますが、そのほかに気を付けておきたいのが洗浄水の漏水対策。洗浄工事で窓ガラスを直接洗浄するようなことはありませんが、塗装やタイルを洗浄した際の飛沫が飛んでしまったり、窓周りの洗浄をする際に洗浄水がかかってしまった窓の下端部分から水が染み込み屋内へ浸水してしまう可能性があります。そのようなことを避けるため、自宅のバルコニー内の洗浄工事が行われる日は窓の下端部分に雑巾を詰めて水が染み出してきてしまっても屋内へ浸水しないよう対策をしましょう。また、換気口などから漏水する可能性もあるため、洗浄工事の間は換気口を閉めておくことも必要です。

バルコニー内の物を片付ける



大規模修繕工事が始まり自宅のバルコニー前に足場が設置される頃になると、バルコニー内の片付けのお知らせが配布され、バルコニーの植木鉢などをはじめ置いたり保管していたものをすべて家の中に片付けていただくことになります。しかし、作業のない日に洗濯物を干したりといった家事でサンダルやハンガーなどは使うため、こういった小さなものは出したままになっていることも。

洗浄工事前の下地補修工事などでは、外壁の補修が必要な箇所を一か所ずつ作業員が補修するため、踏んでしまったり工具が当たったりしない限り壊れることも少ないですが、洗浄工事の際は広範囲に家庭用の高圧洗浄機以上の水圧で洗浄が行われるため、水が当たるだけで壊れてしまう可能性もあります。自宅バルコニーが高圧洗浄される日は小さなものまで確実に家の中に片付けておきましょう。

通行制限がかかる場合も



外壁の洗浄工事では外壁すべてを機械で洗浄しますので、高圧で噴射されて水が外壁で跳ね返り足場の外まで飛散します。広範囲に飛散しないようブルーシートなどで養生を行いますが、すべての水の飛散を防ぐことができるわけではないため、普段通行している通路が一部通れなくなったり狭くなったりといった通行制限がかかる場合も。水の飛散以外にも高圧洗浄車を駐車して作業を行うため、高圧洗浄車の駐車スペースで駐車場の出入り口が狭くなったり、長いホースが通路上にかかることもあります。多くの場合、高圧洗浄車を使用しての工事は数日で済みますが、工区別に数回に分けて行いますので、事前に掲示板や配布されるお知らせで周知される情報を見て通行制限のかかる場所について知っておきましょう。

車両用カバーで洗浄水の飛散防止



駐車場のあるエリアの外壁洗浄作業を行う場合は、洗浄水が車に飛散しないよう車両用の養生カバーをかける必要があります。洗浄工事前に駐車されている車については作業員がカバーをかけてから作業を行いますが、車の出入りの際はカバーを着脱する必要があるためどうしても入出庫までに時間がかかってしまいます。事前に車両用カバーをかける日程が通知されますので、洗浄工事の日は入出庫の時間分余裕をもって行動するようにしましょう。

機械を使った洗浄工事は何かと制限が発生してしまい煩わしく感じますが、汚れを落とすというだけでなく、仕上がりをきれいにするためには欠かせない工事になります。大規模修繕工事中は洗浄工事以外にも多くの制限が発生してしまうものですが、十数年に一度の大切な工事であり、これから先も安全安心に暮らしていただくための工事ですので、管理組合全員で力を合わせて取り組みたいですね。
大規模修繕工事中の通行制限や車両養生有無などは、それぞれマンションの形状や環境によって大きく異なりますので、お住いのマンションが大規模修繕工事の際はお知らせをよく確認して安全かつスムーズな作業ができるようご協力いただけますと幸いです。
もどる
ヨコソー公式アカウント
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!
  • 0800-888-6191
  • 平日(土日祝を除く)9:00-17:00
お問い合わせはこちら