修繕NEWS by reformation

大規模修繕

マンション大規模修繕工事中の工事&近隣トラブル対策

2020.12.14
多くの方は、大規模修繕工事の経験が少ないもしくはまだ経験したことがないのではないでしょうか。大規模修繕工事の周期も最近は延びてきている一面もありますが一般的には12年程度と言われており、マンションの新築時に購入して住んでいるという方は十数年に一度、引っ越しでたまたまタイミングが合ったという方でも何度か経験していれば多い方で、大規模修繕工事の知識や経験が豊富だという方は珍しいです。そのような性質上、工事が始まる前にある程度心構えをしていても、工事が始まってみないと分からないことも多く、想定していなかったことが起こってしまうことも。今回は、大規模修繕工事を円滑に行うために必要な、お住まいの方への環境配慮や近隣トラブル防止策について紹介します。

 

工事に関するトラブル


想像以上の騒音とにおい


事前のお知らせ等で、大規模修繕工事には騒音やにおいの発生する作業があると前もって分かっていても、いざ工事が始まると想像以上の騒音とにおいで耐えられないという居住者様もまれにいらっしゃいます。

騒音に関しては、工事内容によってテレビの音や電話の音が聞こえにくいほど騒音になる可能性があるため、日中在宅が多いという方は注意が必要です。騒音の発生する作業の多くは、大規模修繕工事序盤の着工後まもなくから続くことが多いため、工事期間中はかなりの騒音が発生してしまうことを考慮して事前に対策を考えておくと良いでしょう。

また、においに関しては、窓を閉め切っていることで塗料や防水材の特有のにおいがお部屋に充満してしまい、耐えられないほどのにおいになったり、気分が悪くなってしまうことが起こりえます。作業中は窓を閉め切らず、作業している場所から遠い方の窓を開けて換気をすることで、においがこもるのを防ぎましょう。



 

予期していない作業が始まる


大規模修繕工事では、どのような期間にどのような工事を実施するのか、バルコニーへの出入りがある作業なのか、騒音やにおいが発生する作業なのか等、工事内容や作業に関する注意事項について施工会社より事前にお知らせがあります。しかし天候や各工程間の調整のため、予定通りに作業ができず作業が変更されたり中止されることもあるため、作業前日に通知される翌日の作業場所や作業内容の詳細を工事用掲示板で通知をしています。

この施工会社からのお知らせをこまめにチェックしていないと、急にバルコニーやお部屋周辺での作業が始まり、注意事項やお願い事項を知らなかったために洗濯物を干したかったのに干せない、騒音の影響が少ない日だと思っていたが騒音がするなどのお困りごとが発生する場合もあります。

施工会社から配布されるお知らせや工事用掲示板をこまめにチェックし、作業の進み具合に変更がないかを確認しましょう。よくわからないことや工事中に不安を感じたら現場代理人に相談すると良いでしょう。

 

工事ができない住戸がある


大規模修繕工事ではバルコニーを片付けたり網戸を取外したりとさまざまな場面でお住まいの方々の協力を必要としますが、その中で工事ができない住戸が出てくる場合もあります。工事にご協力をいただけない住戸が一つでもあると、工事を円滑に進めることができず、最悪の場合工事が中断してしまうこともあるのです。大規模修繕工事ではすべての住戸の協力が必要不可欠なため、工事ができない住戸がある場合には管理組合より通知し改善を促すといった対応が必要となります。こういったことが起こらないよう、日常的に全戸とのコミュニケーションを図り、各戸の在宅状況等を把握しておくことでトラブルを未然に防げるかもしれません。

 

近隣にお住まいの方にも関係するトラブル


騒音


工事中のマンションにお住まいの方はもちろん、大規模修繕工事中は大きな音が発生しますので近隣にお住まいの方にとっても騒音は気になってしまいます。工事中の騒音が原因でご近所同士の関係が悪化したりトラブルに発展したりしまわないよう、施工会社も事前にチラシ等でのご挨拶や告知をして近隣の方へも配慮しながら工事をおこなうはずです。

 

工事関係車両


大規模修繕工事中は、資材搬入出のための大型車両が出入りし、搬入出作業のためマンションの出入口や駐車場付近に車両を一時的に停める場面が多くあります。そういった際、マンションにお住まいの方だけでなく近隣にお住まいの方にとっても起こりやすいのが、資材や車両が邪魔で通行できない、車の出入庫ができないといったお困りごとです。施工会社も皆様に極力ご迷惑をかけないように配慮して通行したり搬入出の予定があることをお知らせしているはずです。

 

アンテナの電波障害


足場はマンションの建物を囲むように架設されます。架設された足場により近隣住戸のアンテナの電波が妨害され、テレビやラジオが視聴できなくなるというトラブルが発生することがあります。事前の周辺調査で近隣住戸のアンテナの電波が架設予定の足場と干渉しないかどうかを確認することが大切です。事前に電波が干渉すると分かっていれば、足場の仮設計画を変更したり工事期間のみ仮設の場所にアンテナを移設するといった対処をしておくことができます。もちろん施工会社も周囲の状況を考慮した上で仮設計画を行いますが、このようなトラブルが起きないよう計画段階できちんと考慮されているかどうかを施工会社に確認しておくと良いでしょう。



 

管理組合としてトラブルを未然に防ぐためには


お住まいの方への工事説明会等の実施


大規模修繕工事の実施が決定した段階で全戸へお知らせすると共に、工事着工前にも全戸を対象とした工事説明会を施工会社にて実施してもらうことが重要です。工事説明会では、大規模修繕工事の流れや工事内容、工事に関する注意事項やお願い事項等について詳細に説明され、お住まいの方の大規模修繕工事への疑問点や不安な点が解消されることが重要です。出席できない方へのフォロー体制や、万が一トラブルが発生した際の問合せ先や対処法も事前に施工会社に確認して明確にしておくと良いでしょう。

 

近隣にお住まいの方への事前説明


近隣にお住まいの方々に対して、事前に大規模修繕工事の実施についてお知らせしておくことも大切です。近くに学校があり周囲が通学路になっている等の周辺環境も事前に考慮しておくと良いでしょう。大規模修繕工事の計画段階からお知らせや説明を行い、事前に工事実施に関して了承をいただいておくことで、工事着工前や工事中に近隣の方と思わぬトラブルが発生することを最小限に抑えることができます。また大規模修繕工事着工前のご挨拶と同時に、より詳しい工事内容や工事中の注意事項を近隣にお住まいの方々に伝えておくことが必要になるため、施工会社にも近隣にお住まいの方との関係性や地域とのつながり、近隣挨拶の範囲等を共有しておくことが大切です。



 

まとめ


大規模修繕工事中のトラブルを未然に防ぐためにも、管理組合内での事前のお知らせや説明と情報共有が重要になります。お住まいの方や区分所有者をはじめ、近隣にお住まいの方々や周囲の環境にも考慮することで大規模修繕工事が円滑に進み、結果として工事中のお困りごとの発生やトラブルにまで発展してしまうことを最小限に抑え、より満足度の高まる大規模修繕工事を実施できるのではないのでしょうか。

 

関連記事

大規模修繕工事を契約する前に考えておきたい工期と仕様とは?|トラブルを未然に防ぐ対処法

大規模修繕工事中はやっぱり大変?!|工事中の生活の制限・お願い事項

大規模修繕工事に備える|事前に知っておきたい知識とやっておきたい準備

 
もどる
ヨコソー公式アカウント
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!
  • 0800-888-6191
  • 平日(土日祝を除く)9:00-17:00
お問い合わせはこちら