修繕NEWS by reformation

大規模修繕

マンション大規模修繕工事中のセキュリティが心配!工事中の防犯対策について

2021.04.01
大規模修繕工事期間中は、通常では手の届かない外壁の補修工事を行うためマンションを囲うようにメッシュシート張った仮設足場を設置し工事を行うことになりますが、架設された足場や工事関係者用出入り口から第三者が侵入できないよう、防犯対策も実施する必要があります。

ここでは『大規模修繕工事中の防犯対策』にはどのようなものがあるのか解説していきます。

 

大規模修繕工事中の第三者侵入防止対策


大規模修繕工事中において施工会社が行う防犯対策には大きく分けて

①第三者の侵入を防ぐための対策

②工事関係者を識別するための対策

③各戸への侵入を防ぐための対策

の3つがあります。どれか1つを実施するのではなくお住まいの方にもご協力いただき、この3つの対策を同時に行うことで大規模修繕工事中も安心して過ごしていただくための環境を守ることができるのです。

 

足場内やマンション内に第三者が侵入することを防ぐ対策


 
・足場入口に「暗証番号錠付きオートロック仮設扉」を設置する

工事関係者が足場内に入って作業を行うため、足場には出入り口が数か所設置されます。この出入り口はオートロックになっており工事関係者のみに通知された暗証番号で開くため、足場への出入りを工事関係者に限定することができます。



 
・足場下部を金網やパネルで塞ぐ

通常の足場は作業員が足場から作業箇所に出入りをするため、×型や手すり状の資材をくぐって人が一人通れる程度のスペースが開いていますが、地上部分までこの状態だとオートロックの出入り口がついていてもメッシュシートをとれば第三者が簡単に侵入できてしまう危険も。そういった出入り口以外からの侵入を防ぐため、地上から高さ約2m程度の高さまで金網等で足場下部を塞ぐことで、足場内への侵入を防ぐ対策を行っています。



 
・防犯カメラや人感センサーライトを設置する

防犯カメラや人感センサーライトを足場内に設置することで、第三者の侵入を抑止する対策を行っています。防犯カメラやセンサーライトを設置する場合は、外部から目のつきにくい足場内の出入り口付近や昇降階段※1、マンションの通用口、マンション敷地内の部外者立入禁止エリア等に設置することでより高い防犯効果が期待できます。



※1昇降階段とは、足場内を昇り降りするための階段のこと。


 
・マンション敷地に出入りするための通用扉の鍵を交換する

工事期間中に作業員が出入りに使用する扉を完全に開放するのではなく、工事期間中だけ新しい鍵や電子錠に交換することで、工事中通用扉が開放されたままにならないように対策を行っています。この時、新しい鍵や電子錠の暗証番号は作業員及び居住者様のみに配布・通知し、工事終了時には元のシリンダー・鍵に戻しますので作業員も工事期間終了後は出入りができません。



 

工事関係者を識別するための対策


工事の際、作業員は施工会社名が書かれた工事用ベストや腕章を着用します。例えば弊社元請の工事では「株式会社ヨコソー」と書かれた水色の専用ベストもしくは黄色の腕章を着用するルールとなっています。万が一ベスト・腕章を着用していない第三者が足場内等にいた場合には、現場代理人へご連絡ください。

  

 

各戸への侵入を防ぐ対策


大規模修繕工事において施工会社は上記のような対策を含め最大限の注意をはらって防犯対策を行いますが、お住まいの皆様も併せて防犯対策を行うことが重要ですとお願いしています。

特に高層階の方は、普段の生活で留守中も窓を開放して換気をする場合があるかと思いますが、万が一第三者が侵入した場合にお部屋に侵入されやすくなってしまいます。大規模修繕工事中はすべてのサッシ窓の施錠をいつも以上に心がけると同時に、換気のため窓を開放する場合はもちろん、窓を閉めている場合も施工会社から貸し出しされる補助錠※2を活用し二重の防犯対策を行いましょう。


※2
補助錠とは、窓の開閉を問わず窓がそれ以上開かない様固定することができる鍵

 

長期休みを挟む場合は大丈夫?


お盆休みや年末年始等で長期間にわたり休工となる間も足場が設置された状態ですと、心配なことがあっても相談先がなくご不安かもしれませんが、警備員による巡回といった対策も検討可能です。足場設置期間中に長期休みがないような工期で計画できると安心ですが、規模やその他の都合でどうしても長期休みを挟む工期でないと難しい場合があります。長期の休み中も足場が架設されている工期の場合は、監理会社や施工会社と打ち合わせをして警備員の巡回費用も見積り内に入れるなどの確認をしましょう。

 

 

まとめ


大規模修繕工事期間中は、足場が設置され工事関係者の出入りも多いことから、施工会社だけでなくお住まいの方にも防犯対策にご協力いただく必要があります。お住まいの皆様に安心していただくため施工会社では最大限の防犯対策を行った上で工事を実施していますが、それだけでなくお住まいの皆様もいつも以上に施錠を心がける等、大規模修繕工事中のセキュリティには十分気を付けていただくことが、より安全な環境づくりには大切となります。

 

大規模修繕工事に関してご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。



 

<関連記事>

大規模修繕工事中はやっぱり大変?!|工事中の生活の制限・お願い事項

大規模修繕工事に備える|事前に知っておきたい知識とやっておきたい準備

大規模修繕工事を契約する前に考えておきたい工期と仕様とは?|トラブルを未然に防ぐ対処法
もどる
ヨコソー公式アカウント
お問い合わせ・資料請求はお気軽に!
  • 0800-888-6191
  • 平日(土日祝を除く)9:00-17:00
お問い合わせはこちら